Japan2018-11-23T14:23:46+00:00

HACCP Internationalの認証プログラムのご紹介

HACCP Internationalは食品産業に使われる機器や設備の食品安全を認証することに特徴を持ち、この観点からの食品安全の推進をリード、推進していくことを目的としている、この分野では世界をリードする会社です。HACCP Internationalは欧州、米国、アジア、オーストラリア、そして日本(東京)に拠点を有しています。

食品産業の中で非食品ではあるが食品に触れる可能性がある、食品製造の中で食品安全に重要なインパクトを持つ機器や設備の食品安全の公式な監査は、食品製造・加工・調理に関わる人たちが守らねばならないものとして、世界の代表的な食品安全のスキームの中でよく求められるようになってきております。この認証は世界で一流のオペレーションを行う食品製造・加工・調理の場の食品安全に適合した機器・設備であることを認定するものです。

我々の認証の方法は、認証を求める機器・設備を食品安全のあらゆる角度から実際的に、科学的に、かつシンプルに行うものです。

我々の認証を受けることにより、生産者、販売者、そして何より皆さんのお客様に、よく認知された独立した食品安全の専門家が発行する第三者機関の食品安全に対するお墨付きとして、ご安心いただくことができます。監査の中では、商品、設計デザイン、製造に使う材料・部品、使用説明書、ラベル、表記の正確さなど全てのプロセスと項目を調査・検査させていただきます。

認証を受けるのに一般的に求められるものは、

  • 食品安全の観点からの設計デザイン
  • 無毒であること
  • 清掃のしやすさ、使いやすさ
  • どんな形でも汚染物の混入を防ぐ
  • 誤操作のリスクが低い設計デザイン
  • 食品安全のメンテナンスのしやすさ

認証を取っていただいた企業の方々への利点としては、

  • 認証した商品・設備に無制限にHACCP International認証マークを付けていただける
  • 認定証の発行
  • 認定を受けた企業及びそのお客様への技術的サポート及びアドバイス
  • 世界的に配布している印刷物とメディアでのプロモーション及び宣伝広告(無料)
  • 認定の商品・設備がすべての面で食品安全に合致しているという「後ろ盾」

この認証は、以下のような方々にとって非常に重要なものになります。

  • お客様のニーズに対応する品質に敏感な方
  • よく認知され知られた認証マークを自社の強みとしてマーケティングに利用される方
  • 商品・設備・サービスが食品安全のコンプライアンスに合致していることを第三者的に証明し、自社の価値を上げたいと思われる方

いろいろな分野のいろいろな企業が‘HACCP International’の認証を受けています。‘3M’, Bayer, BASF, SC Johnson, Dyson, Ecolab, Electrolux, Hitachi, Hoshizaki, Kimberly-Clark, Sumitomo, Testo,  Thornといった世界を代表する企業が含まれます。

HACCP International日本韓国地域代表

淺井伸宏

nigel.asai@haccp-international.com

 090-6014-0329